現在の不確かな時代にあって、新車販売台数が急激に減少している中、多くの OEM が新しい作業方法やアフターセールスビジネスを成長させる新しい方法を採用することに目を向けています。 自動車産業が直面している多くの課題のひとつは、デジタル顧客を理解し、データサイロを接続して顧客のニーズを予測することです。

当社の OEM パートナーから、「どうすればより多くの部品やサービス契約を勝ち取れるか?」や「売上を伸ばすにはどうすれば良いか?」などと質問されると、こう質問を返しています。「御社の顧客は誰ですか?」、「御社では顧客とどのようにコミュニケーションを取っていますか?」

現在、顧客情報とトランザクションデータの量はかつてないほど膨れ上がっています。 ところが、データはそのものは、OEM、DMS、その他の取扱店のシステムはもちろん、部品部門、サービス部門、保証部門、在庫部門、ショールーム、財務・保険部門のシステムに分散して眠ったままです。 共通点のない情報を集約し、より統一された顧客プロファイルを作成できると想像してみてください。

データサイロ同士の接続は、OEM が最も活用していない戦略のひとつに数えられます。 当社は、お客様が顧客のターゲティングをさらに絞り込み、アフターセールスの利益を増進するための機会を創出することをお手伝いします。

データ分析: データの集約

OEM と取扱店は、隠れた収益と生産性向上を特定する機会を見逃しています。 現在のデータ管理システムでは、修理注文履歴、脱落したサービス顧客、サービスアブソープション指数、部品注文、顧客にサービスと修理を提供する際に得られたその他のキーポイント情報に基づいて、実用的な分析情報を特定することができません。

では、どのようなツールが必要で、OEM と取扱店の経営陣はどのようにして分析情報を活用すれば良いのでしょうか?

重要な第一歩は、サイロ化されたデータをすべて 1 つの標準化形式に統合することです。 そのためには、OEM、DMS、車両システム(コネクテッドカープラットフォームなど)からさまざまなデータソースをリアルタイムで活用できる、自動データ収集システムが必要です。

データを実用的な分析情報へ変換

各種データ構造を収集し、それを 1 つのプラットフォームで統一データセットに取り入れると、予測分析の応用により、個人の需要に合わせてターゲットを絞った顧客マーケティングキャンペーンをタイムリーに実行するための機会を特定できます。

自動システムによるデータ分析は、ビジネスチャンスを特定する上で重要です。

  • 卸売顧客に部品を売る機会はどこにあるか?
  • どのサービス顧客が脱落したか?
  • 取扱店社員はどのように取り組んでいるか?
  • どの顧客をターゲットにすべきか?
  • どのようなキャンペーンが顧客の共感を呼び、収益に最も影響を与えるか?

OEM と取扱店では、分析情報を可視化するためにスペシャリストやコンサルタントにも目を向けています。 このアプローチはコストが多くかかり、測定が難しいという欠点があり、提示されるソリューションの多くでは、ターゲットを絞った効率的なキャンペーンに不可欠な分析情報を活用するために必要な作業工程の自動化が欠けています。

作業工程の自動化によるデータ分析

当社が OEM パートナーに推奨する「ベストプラクティス」ソリューションは、データ管理プロセスと最新の予測分析エンジンを巧妙に組み合わせることです。 分析情報を使用するために自動マーケティングエンジンを統合することは、OEM と取扱店にとってビジネスチャンスとなります。

Infomedia のデータ分析プラットフォームは、構造化/非構造化データを管理し、顧客キャンペーンの革新的なリアルタイムストリーミングを取り入れ、有益な部品・サービスキャンペーンを推進する上で計り知れない価値を生み出します。

Infomedia のデータ分析プラットフォームを使用すると、内蔵 AI と視覚化機能が、アフターマーケットにおいて顧客のことを優れた精度と深さで理解するための分析情報を OEM に提供します。 その結果、部品・サービスマーケティングで優れた投資利益率が実現します。

部品整備のためのデータ分析

サービス作業のためのデータ分析

どのような利益を期待できるか?

取扱店と OEM は、最先端の分析を活用し、部品およびサービス作業のほか、より多くの見込み売上を確保するアセットの可視化も改善できます。

成功評価指標の定義、将来イベントの予測、より先を見据えた部品およびサービスマーケティング成果のモデリングなどの OEM 機能を開発するにあたり、共通点のない顧客データを分析情報に変換する能力は重要な役割を果たします。 データ量が爆発的に増加しており、新車販売台数が落ち込んでいる時代であっても、OEM は具体的かつ正確なデータインサイトの力を利用し、隠れた収益を取り込み生産性を高める代替手段として、予測分析を活用できます。

今すぐ始めましょう

新車販売台数が低迷している時代であるからこそ、OEM は長期的アフターセールス成長の基礎を築くことに着手するチャンスです。 現在の目まぐるしく変化し続ける状況において、隠れた収益を特定し、顧客プログラムの生産性を高めるため、テクノロジーが可能にするデータ分析を活用することは極めて重要です。

データ分析は新しい機能を提供します。この新機能を活用することで、世界中の OEM とその取扱店ネットワークは、顧客の理解を深め、より適切に意思決定を行い、顧客満足度と顧客ロイヤリティを高め、収益的に有利な成果を促進しやすくなります。

予測分析の機能をどのように活用すれば、アフターセールスパフォーマンスを増進できるかに関する詳細は、今すぐメールでお問い合わせの上、当社がどのようにお客様のお役に立てるかをお聞かせください。

データインサイト販売と顧客保持の促進

データインサイトの利点をどのように活用すれば、アフターセールスパフォーマンスを高めることができるかをご覧ください

使い始める

 

jonathan-scharrer

ジョナサン・シャーラー
バイスプレジデント、データインサイト – Nidasu

ジョナサンは、作業工程の最適化と自動化に情熱を燃やすテクノロジーエキスパートです。開発・システム設計分野での経歴と、取扱店で上級管理職として過ごした数年の実績を組み合わせることにより、彼はティム・コートニーと 2 人で、売上を伸ばし取扱店と自動車メーカーを保持することを目標に掲げ、Nidasu を共同設立しました。